炭疽病

炭疽病は茶の最重要病害。
新芽生育期に降雨が続くと多発します。

  • やぶきた園、伝染源病葉の多い園、梅雨期に茶芽が生育する地域では特に注意しましょう。
  • 二・三番茶の摘採残葉発病も多発すると、慢性的に樹勢に影響。更にその後の茶期も減収。
    • 秋芽の発病は「1㎥当りの発病葉100枚で1%の減収」を引き起こします。
      静岡茶試では二番茶残葉での炭疽病の要防除水準は100枚/㎡としています。

    重要なのは摘採、整枝後に残る葉を守ることです。

    【 発病条件と被害 】

  • 葉枯れ・落葉・樹勢低下を引き起こす最重要病害。
  • 降雨の多い二・三番茶期、秋芽生育期に発生。新芽生育期に降雨が続くと多発。
  • 新葉の毛茸より感染し14~20日で発病。感染には10時間以上の濡れ時間が必要。
  • 【 耕種的防除 】

  • 多発状態の続く園では整枝・剪枝(深刈り等)により伝染源を除去。
  • 発生の多い地域では抵抗性品種を選ぶ。
  • 【 防除時期と注意点】

  • 二・三番茶/萌芽~1葉期
  • 秋芽/萌芽~1葉期
  • 秋芽/3~4葉期
  • 注意:EBI剤(DMI剤/SBI剤)の治療効果は、剤によって感染後5〜10日程度だが、いずれの薬剤も発病してからでは効果はない。