病害防除 虎の巻 「黒枯病防除」

  • 主に葉に発生、茎、果実、果梗でも発生する
  • 葉では褐色小斑点を形成、拡大すると黒褐色輪紋状の病斑を形成する
  • 茎では黒褐色の斑点を形成し、黒色ビロード状の菌そうを生じる。病斑が拡大すると枯死する
  • 果実、果梗では黒褐色の斑点を生じる
  • 斑点病の症状に類似、但し、斑点病の病斑は円形だが、本病は不定型になりやすい傾向
  • 多発した場合、落葉、果実への病斑、株枯症状を引起し、生育不良や品質の低下・減収を招く
黒枯病

黒枯病防除

発病適温
  • 25℃付近
  • 28℃では生育適温
  • 施設栽培で多湿条件は発生しやすい
※使用している写真及びイラスト等の無断転載を禁止します。 写真原図 木曽 皓

黒枯病の防除が難しい理由

① 使用できる薬剤が限られている

一部系統の薬剤では耐性が発生している。天敵と併用する場合の注意も必要。

薬剤耐性菌の影響も考慮し、且つ天敵には影響の少ない薬剤を使用することが重要。

② 発病が多くなると防除が難しい

防除が遅れると壊滅的な被害を及ぼす。

予防的な防除が必要。

黒枯病防除のポイントは?

  1. ① 換気や加温により高湿度条件が続かないよう管理する
  2. ② 肥料切れは発病を助長する可能性があるので、肥料管理に注意する
  3. ③ 促成栽培は4月以降の薬剤防除を徹底する
  4. ④ 発病が多くなると薬剤で進展を抑えられない場合が多いので、ダコニール1000を活用して予防的な防除に重点をおく
※使用している写真及びイラスト等の無断転載を禁止します。