優れた耐雨性

「非常に激しい雨」での試験例(きゅうり)

  • ダコニール1000の1000倍希釈液をきゅうりの葉に散布
  • 翌日、人工降雨装置で1時間当たり50mmの雨を2時間降らせた
  • 2日後に灰色かび病菌を接種、20℃、湿度100%で3日間保持した後に調査
  • (1999年(株)エス・ディー・エス バイオテック自社試験)

さらに激しい「ゲリラ豪雨」での試験例(トマト)

  • ダコニール1000の1000倍希釈液をトマトの葉に散布し、風乾。
  • 散布1時間後もしくは24時間後に、人工降雨装置で1時間当たり130mmの雨※1を1時間降らせた。
  • 疫病菌を接種し、22℃、湿度100%で1日保持し、その後室内にて管理した。
  • 接種4日後に、本葉の平均発病率を求め、無処理区との比較により防除価を算出した。

    防除価={(無処理区発病面積率%)ー(処理区発病面積率%)}/(無処理区発病面先率%)× 100

  • ※1:傘はまったく役に立たず、水しぶきで一面が白っぽくなり視界が悪くなるため、車の運転は危険なレベル。

(2016年(株)エス・ディー・エス バイオテック自社試験)

左から無処理、降雨なし、散布24時間後降雨、散布1時間後降雨

処理区名 薬剤散布 降雨 防除価 症状
無処理 - 発病

枯死
降雨なし 100 健全
散布24時間後降雨 100 健全
散布1時間後降雨 100 健全

ダコニール1000は散布1時間後に猛烈な雨があっても発病が認められず、高い耐雨性を有している。