1. 野菜の病害と防除
  2. ばれいしょ
  3. 病害防除のポイント
ばれいしょの病害防除のポイント

春植え栽培では、開花期の疫病、夏疫病をしっかり防除

疫病は、開花以降に比較的低温で降雨が多いと発生します。
特に春植え栽培では、開花期以降が梅雨と重なるため、防除が重要です。
また気温が高くなる6月頃より夏疫病も発生します。

ばれいしょの病害防除のポイント
疫病は雨が続くと一気に畑全体に広がってしまうから怖い!
対策

疫病防除は予防が基本。 開花期直前よりダコニール1000を7日〜10日間隔で数回散布して 疫病と夏疫病を同時防除してください。

対策

疫病防除は予防が基本。 開花期直前よりダコニール1000を7日〜10日間隔で数回散布して 疫病と夏疫病を同時防除してください。

秋植え栽培では、秋雨期の疫病の防除が重要

疫病は、最も重要な病害です。
茎葉を枯らし、収穫いもを腐敗させるため、大きな減収につながります。
雨天が続くと圃場全体に一気に広がるため、予防散布や定期散布が欠かせません。

施設栽培では、斑点病とうどんこ病を上手に防除
開花期前から7〜10日間隔の散布が基本。降雨の多い場合は、雨間をみて、散布間隔を短くする
対策

ダコニール1000を基幹にしたローテーション散布をしてください。
薬剤耐性菌対策も心がけましょう。

施設栽培では、斑点病とうどんこ病を上手に防除
対策

ダコニール1000を基幹にしたローテーション散布をしてください。
薬剤耐性菌対策も心がけましょう。