1. 正しい農薬の使い方

ラベルをよく読み、適切に使おう

「農薬を使用する際には、いくつかの注意点があるよね。ダコニール1000を例に農薬を正しく使うためのポイントをみてみよう。」ラベルをよく読み記載通りに使用する使用できる作物と対象となる病害の種類を確認する。①適用作物と適用病害作物の名前が似ていても、収穫するときの大きさや部位によって別の作物となる場合もあるから注意が必要だ! ★まず確認するのは、農薬取締法により、使用基準(対象作物、希釈倍数、使用液量、使用時期、使用回数)をしっかり守ることが義務付けられているんだ!使用する前に、製品ラベルをよく読んで正しく使おう。
最後はさらにつぎに効果を安定させたり、薬害を回避するための注意、さらにヒトへの安全性、環境や水産動植物に対する影響、保管や取扱いに関して注意すべき事項などが書かれているんだ。④注意事項③使用時期と使用回数“ TPNを含む農薬の総使用回数”とは有効成分にTPNを含む他の剤型や混合剤も合わせた総使用回数の制限をいうんだ。“ 本剤の使用回数”はダコニール1000の使用できる回数、“ 使用時期”とは使用できる収穫前の日数などをいうのね。②希釈倍数と使用液量薬量と希釈水量を正確に計量して散布液を調製するんだ。ば、ダコニール1000の希釈倍数1000倍液(500ℓ)とは、ダコニール1000500㎖1本を水に加えて500ℓとし、十分に攪拌して調製するってことだね。
適切な保護具を正しく着用する。ダコニール1000の製品ラベルの“安全使用上の注意”をよく読んで、適切な保護具を着用しよう。農薬を使用する際は、薬剤を吸い込んだり、浴びたりしないよう、適切な保護具を着用してね。散布液の周囲への飛散を防止する近隣の農家や周辺住民の方々にも散布日を知らせるなど、意見交換をしましょう。散布の際には、風向きや天候をみて、周囲の農作物や住宅などに飛散しないように注意しよう!異なる作物を栽培している混植園では特に注意!
ポイント❹散布液の残りや洗浄液は適正に処理し、空容器はきちんと破棄する。空容器は、産業廃棄物処理業者に処理を依頼したり、地域の共同回収システムに出すなど正しく破棄してね。散布器具やタンク、ホースはしっかり洗浄する!洗浄水は河川などに流入しないよう適切に処理しよう。野焼きはダメよ!作物のそばや住宅地の周辺での洗浄作業はさけよう。容器は、3回以上洗浄し、洗浄水は散布機タンクの中に入れ、使い切る。散布液は余らせないよう使い切ること。