斑点病

  • ●主に葉に発生し、葉柄、茎も発病する。
  • ●初め黄緑色で水浸状の小斑点を生じ、やがて拡大して暗褐色の円形病斑になり、周囲は黄化する。古い病斑上には、白色のかびを生じる。
  • ●高温多湿で発生が多い。種子伝染することもある。