もち病

前年、多発した園では「一番茶萌前の防除」が有効です。

  • 前年秋に多発生した園では一番茶萌芽約2週間前に銅水和剤を散布し、冬芽に付着した越冬菌による初発を防ぎましょう。
  • 効果的な散布時期は、銅水和剤は萌芽期直前、EBI剤は新芽生育初期です。
  • 【 発病条件と被害 】

  • 山間地の通風の悪い茶園等で局地的に発生。
  • 二番茶と秋芽生育期に降雨・多湿条件が続くと多発。感染後約10日で発病。
  • 摘採時に発病芽が混入し、品質が低下。
  • 【 耕種的防除 】

  • 常発園では風通しや日当たりを良くするとともに、耐病性品種の導入を検討する。
  • 【 防除時期と注意点】

  • 二番茶/萌芽~1葉期
  • 秋芽/萌芽~1葉期
  • 秋芽/3~4葉期